アメリカの教育事情

アメリカの教育事情

アメリカの教育システムは、ありとあらゆる選択肢を学生に提供しています。プログラムの選択肢の豊富さ、さまざまな学校、そしてロケーションの多さは、アメリカ人学生でも圧倒してしまうほどです。学校を選択するにあたり、まずはアメリカの教育システムを理解することが重要です。アメリカの教育がどのように成り立っているかを理解すれば、学校の選択肢を絞り込み、今後の留学計画を進めやすくなるでしょう。

教育システムの構造

プライマリースクール/セカンダリースクール (小中学校、高等学校)

アメリカの学生は、高等教育を受ける前にまずプライマリースクールとセカンダリースクールで合計12年間学びます。学年はそれぞれ、1年目を「ファースト・グレード(first grade)」、12年目を「トゥウェルフス・グレード(twelfth grade)」など、学年を通じグレードで呼ばれます。

一般的に「エレメンタリースクール」と呼ばれるプライマリースクールには6歳前後で入学し、5〜6年間勉強した後、セカンダリースクールへ進学します。セカンダリースクールは、日本の中学校にあたる「ミドルスクール」あるいは「ジュニアハイスクール」と、高校にあたる「ハイスクール」の2つのプログラムから成り立っています。学生はハイスクール(12学年)を卒業すると、卒業証書、または認定証書を授与され、「ハイヤーエデュケーション(高等教育)」として知られるカレッジや大学に進学します。

成績評価システム

留学生もアメリカ人学生と同様に、カレッジや大学への入学申請の際に申請書とともに公式の成績証明書を提出しなければなりません。アメリカでは、「グレード(grade:成績)」および「グレードポイントアベレージ(GPA:成績平均値)」が成績評価の基準として使われ、大学入学合否を判断する際にも参考にされます。グレードは通常クラス内で相対的に評価された後、A、B、Cなどのアルファベットで表されます。

特に留学生にとって、アメリカのグレードを使った成績評価やGPAはなかなかわかりづらいものです。グレードの解釈は多様にわたり、例えば、平均レベルとトップレベルの各高校から卒業した学生2人が、ある大学に同じGPAの成績で入学申請したとしても、大学側はそれぞれのGPAを同じようには評価しない可能性があります。なぜならそれぞれの高校のレベルがとても違うからです。 そのため、入学申請の際には、以下の点について特に心に留めておくことが必要です。

Show More