MBA準備プログラム

MBA準備プログラム


すべてのMBA プログラムを見る


MBAプログラムで優秀な成績を修める上で欠かせないのが、MBA準備プログラムです。まず、準備プログラムでGMATやTOEFLのスコアを向上させ、さらに、MBAプログラムでビジネスや学業、文化的なスキルを身に付けることです。アメリカでMBAを取得したいと考えるなら、アメリカでMBA準備をするのが最良です。MBA準備プログラムでは、MBAプログラム受講に必要な各種スキルを身に付けるのに役立つ、最新で確かな知識を学生に提供しています。

優れたMBA準備プログラムの選び方

将来MBAを取得しようと考えている場合、最初に目指すべき目標は4つあり、これらを満たすMBA準備プログラムを見つけることが重要です。

  1. GMATとTOEFLの受験準備をする
  2. 自分に適したMBAプログラムを探し、評価する
  3. 質の高い入学申請書類をそろえる
  4. MBAプログラムで優秀な成績を修めるのに必要なスキルを向上させる

CHECK 1:MBA準備プログラムを選ぶ際に、以下の項目について考慮しましょう。

  • GMATとTOEFLの受験準備プログラムがあるか
  • 受験準備プログラムに、GMATとTOEFLの全セクション準備クラスが用意されているか
  • コンピューターを使った受験攻略指導や、模擬試験を受ける機会が用意されているか
  • 自分に適したMBAプログラムを探し、評価してくれる経験豊かなアドバイザーがいるか(アメリカには多くのMBAプログラムがあり、関連する膨大な情報と選択の幅の広さに戸惑う留学生も多い)
  • 効果的なMBA入学申請書類作成の手助け、および入学申請の準備や応募者の強みを強調するような添付文書(エッセイ、履歴書、応募目的)の作成の手助けをしてくれるか

CHECK 2:MBAプログラムで優秀な成績を修めるのに必要とされるスキル育成プログラムが含まれているかをチェックしましょう。

  • クラス内でのディスカッション、チームワークプロジェクト、インターンシップ等に必要な効果的なコミュニケーションスキル
  • Microsoft Power Pointなどのソフトウェアを使ったプレゼンテーションテクニック
  • MBAプログラムに不可欠なリサーチやライティングのスキル
  • 優秀な学業成績を修めるのに必要なそのほかのスキル(リスニング、発音、リーディング、学習スキル等)
  • アメリカのビジネス、学業、文化全般に関する知識

CHECK 3:自分に合ったMBA準備プログラムが見つかったら、アメリカで勉強する上で重要な次の項目にも考慮しましょう。

  • 課外活動や住居斡旋等、学業以外のサービスが提供されているか
  • 大学のクラスの受講、コンピューターや図書館などの施設利用、現地学生との交流会など、MBA準備プログラム以外のアクティビティーが含まれているか
  • 自分の興味や必要に応じる柔軟性のあるプログラム内容か
  • クラスルーム、コンピューターラボなど設備は整っているか
  • 所在地、街の様子、天候などに関する情報が提供されているか

MBA準備プログラムを選択する際に考慮すべき4つの重要項目

1. プログラムの期間

MBA準備プログラムの期間は、学校やカリキュラムの内容によって、2~3週間のものから1年間のものまでと、格差があります。

2. カリキュラム

MBA準備プログラムの中には、GMATやTOEFLに重点を置いたものもあれば、プレゼンテーション、ライティング、コミュニケーション、ビジネスや文化的な側面に役立つ技能を中心としたプログラムもあります。受験準備とMBA取得に必要なスキルの両方に重点を置いた準備プログラムが理想といえます。そうすれば、受講生はGMATやTOEFLの準備も十分でき、アメリカのMBAプログラムで優秀な成績を修めるのに必要なスキルを身に付けることができるからです。

GMAT準備の後、受講生はリサーチ方法、ディスカッションのスキル、プレゼンテーション、ケーススタディー分析、大学院レベルのライティングなどを学び、アメリカのMBAプログラムや各自のキャリア育成に必要となるスキル向上に力を注ぎます。ほかにもスキル向上の一環として、発音、ビジネスコース、面接のテクニック、ビジネスマナーを学んだり、インターンシップ制度やアメリカの学生と一緒に大学のクラスを受講するといったさまざまな機会が設けられています。

3. サービス

MBA準備プログラムは、提供するサービスによって、内容が大幅に異なります。サービスには、学生へのアドバイス、大学の斡旋、住居探しの斡旋などが含まれます。

4. テクノロジー

今日のビジネス環境においては、テクノロジースキルが非常に重要です。MBA準備プログラムの中には、コンピューター施設やクラスを用意し、学生のテクノロジースキルの向上を図るものもあります。GMATやTOEFLの受験準備は、コンピューターで行う方が実際のコンピューター化された試験の準備としては有効なやり方だといえます。

GMATやTOEFL、入学申請書類は、MBAプログラムをスタートさせるのに不可欠であり、すべてはそれらから始まるといってもいいでしょう。アメリカでのビジネスや学業、そして文化的なスキルをいかに磨くかによって、MBAの取得中、および取得後の成功が大きく左右されます。次のページの「優れたMBA準備プログラムの選び方」に書いてある4つの目標を、最も効果的に達成できるような優れたMBA準備プログラムを見つけ、MBA取得以前から、好調なキャリア構築をスタートさせましょう。


Bellevue College

シアトルの近くにあるBellevue Collegeの学生は、カレッジ在籍中の最初の2年間にMBA取得を目指して学び始めることができます。Bellevue College とEastern Washington University共同のMBAプログラムに登録し、Bellevue Collegeで2年間のMBA準備課程を取った後、後半の2年でEastern Washington University がBellevue College のキャンパスで提供しているビジネスの学士課程の授業を取ります。

 

Show More

SUSA_img_200x55.jpg
雑誌版(PDF)をダウンロード Study in the USA ®

Related Schools