多岐にわたる選択肢

Learn about American culture and education direct from our experts at Study in the USA.

    10 件中 1 から 10 までを表示しています。
  • Article Image アメリカ国内のビジネスプログラムを選択

    アメリカ国内のビジネスプログラムを選択

    2014年度から2015年度にかけてアメリカ国内のカレッジや大学に入学した留学生の数は97,500人近くになり、この数は、米国国際教育研究所(IIE)によると、前年比10%の増加です。

    もっと読む

  • Article Image アメリカの大学でテクノロジーを学ぶ

    アメリカの大学でテクノロジーを学ぶ

    アメリカの労働者職種別ハンドブックによると、テクノロジー関連専攻の卒業生の雇用は伸び続けています。最新テクノロジーへの深い理解を必要とするポジションを補うために、雇用側は最新技術を習得した優秀な人材を求めています。

    もっと読む

  • Article Image デジタルメディア業界で就職するために

    デジタルメディア業界で就職するために

    世界中でデジタルメディアは市場とグローバルな文化の中、ますます大きな役割を担ってきています。そして増加し続ける外部発注によって、どこにいても国際的な一流企業で働くことが可能になりました。

    もっと読む

  • Article Image アメリカでエンジニアリングを学ぶ理由

    アメリカでエンジニアリングを学ぶ理由

    「どのように?」という言葉には、さまざまな文章を当てはめることができます。椅子はどのようにして人を支るのか? 携帯電話やインターネットで世界中の人と話せる仕組みはどのようになっているのか? コップの中の水はどのようにしてきれいになったか? これらの質問一つ一つに対する答えはそれぞれ異なったものですが、すべての質問に共通するシンプルな説明が一つあります。それが工学です。

    もっと読む

  • Article Image アートとデザインをアメリカの大学で学ぶ

    アートとデザインをアメリカの大学で学ぶ

    アメリカの学校では、美術、コンピューターアート、グラフィックデザイン、映画、ビデオなどの分野においても、最先端の手法を用いた専門的な授業が受けられます。

    もっと読む

  • Article Image ファッションデザインをアメリカで学ぶ

    ファッションデザインをアメリカで学ぶ

    ファッションに対する情熱がありますか?デザイナーになりたいですか?服の縫い方を知っていますか?ファッションを学ぶ前に「どこで」「何を」学べばよいかを知ってファッション留学を成功させましょう。

    もっと読む

  • Article Image Learn, Lead, Serve - アメリカのサービス・ラーニング

    Learn, Lead, Serve - アメリカのサービス・ラーニング

    ービス・ラーニングは学校での学習と地域での奉仕活動を組み合わせたものです。アメリカでは、教育は教科書や教師によるものだけでなく、経験を含めた教室外の活動にまで及ぶことが多くあります。

    もっと読む

  • Article Image 持続可能な世界をつくる

    持続可能な世界をつくる

    環境危機と気候変動を心配しているなら、「持続可能性(サステナビリティー)…この地球で人生を楽しみ続けていくための考え方と実践」について学びたくなるでしょう

    もっと読む

  • Article Image アメリカのホスピタリティとツーリズム関連プログラム

    アメリカのホスピタリティとツーリズム関連プログラム

    旅行業および観光業は、現在、世界的なトップ産業になっています。これは、魅力的な職種のセレクションが大幅に広がったことを意味します。アメリカには、この業界で働きたいと考えている学生のために、最適なプログラムが多数あります。 もっと読む

  • Article Image 計画と荷造り

    計画と荷造り

    どこで何を勉強するかが決まったら、次はアメリカ に何を持って行ものの準備です。I-20に記載されている日付よりも遅くならないよう に、フライトの日時を決めます。そしてホームステイの 代理店や大学のスタッフによる空港への出迎えがあ る場合は、その手配もしておきます。 国際線における手荷物2個は無料か有料かを チェックしておきましょう。また、機内には機内持ち 込み用バッグのほかに、ハンドバッグやケースに入れ たノートパソコンなどの身の回り品を持ち込むことが できます。ほとんどの国際線では重量オーバーの荷 物には別途追加料金がかかるので、荷造りの際には 制限重量を超えないように注意します(利用の航空 会社に制限重量を確認しましょう)。

    もっと読む