特集記事

  • Article Image アメリカのコミュニティカレッジ

    アメリカのコミュニティカレッジ

    学士号を取得するために、まずコミュニティーカレッジに進学し、前半2年間を学ぶ留学生が増えています。 これはコミュニティーカレッジを、4年制大学で学士号や修士号を取得する際の「出発地点」と見なしているからです。 この2年間は、専門分野に集中する前に、土台となる一般教養を学ぶために充てられます。
    コミュニティーカレッジのプログラムを見る

    もっと読む

  • Article Image アメリカの教育事情

    アメリカの教育事情

    アメリカの教育システムはありとあらゆる選択肢を学生に提供しています。プログラムの選択肢の豊富さ、さまざまな学校、そしてロケーションの多さに圧倒されるかもしれません。選択肢を絞るために、自分の目標は何なのかをもう一度よく考え、ロケーションやプログラムを見極めて慎重に選択しましょう。

    もっと読む

  • Article Image アメリカの大学でテクノロジーを学ぶ

    アメリカの大学でテクノロジーを学ぶ

    アメリカの労働者職種別ハンドブックによると、テクノロジー関連専攻の卒業生の雇用は伸び続けています。最新テクノロジーへの深い理解を必要とするポジションを補うために、雇用側は最新技術を習得した優秀な人材を求めています。

    もっと読む

  • Article Image デジタルメディア業界で就職するために

    デジタルメディア業界で就職するために

    世界中でデジタルメディアは市場とグローバルな文化の中、ますます大きな役割を担ってきています。そして増加し続ける外部発注によって、どこにいても国際的な一流企業で働くことが可能になりました。

    もっと読む

  • Article Image アメリカ学生査証の取得

    アメリカ学生査証の取得

    学生ビザ申請手続きに戸惑いを感じている学生は少なくありません。昨年1年間、アメリカ政府によって発行された学生ビザの数は、多数の国でかなり多くなっています。7割の申請者は、ビザを問題なく取得し留学をしていますが、却下される場合があるのも事実です。ビザ申請には、十分な準備を整えて臨むようにしましょう。

    もっと読む

  • Article Image アメリカの学校に入学申し込みをする

    アメリカの学校に入学申し込みをする

    アメリカの大学やカレッジは各自の入学基準を設け、入学希望者がその基準に合うかどうかを判定します。各大学やカレッジへはそれぞれに申請しなければなりません

    もっと読む

  • Article Image アメリカで英語を学ぶ

    アメリカで英語を学ぶ

    毎年、約10万人もの学生が英語を学ぶためにアメリカに留学しています。大学に入学することを目標とした学生がほとんどですが、英語の学習に力を入れつつ、アメリカ生活を体験するために留学する人もいれば、母国でより良い仕事に就くために英語に磨きをかけに来る人もいます。語学留学プログラム(ESL)を見る

    もっと読む

  • Article Image 4年制大学への編入

    4年制大学への編入

    アメリカの高等教育の強みとして、大学間での編入が容易なことが挙げられます。例えば、カリフォルニア州の学生がミシガン州の大学に編入したり、小規模の私立大学から大規模な総合州立大学へ編入するというのは、まれなことではありません。コミュニティーカレッジで必須一般教養科目を取得した後に4年制大学に編入し、そこで上級科目を学び学士号を取得することもできます。

    もっと読む

  • Article Image オプショナル・プラクティカルトレーニング(OPT)とアメリカの会社でのインターン

    オプショナル・プラクティカルトレーニング(OPT)とアメリカの会社でのインターン

    オプショナル・プラクティカル・トレーニング(OPT)は、勉強したことを活かして、アメリカの会社で仕事をすることです。OPTは、アメリカ政府の移民局(USCIS)によって認められているので、F-1のビザを持っている学生はOPTによって、アメリカで働きながら学んだことを活かすことができます。

    もっと読む

  • Article Image プログラムをアメリカで学ぶ

    プログラムをアメリカで学ぶ

    MBAを取得しようと思っている留学生にとって、アメリカの大学は大きなメリットがあります。一流の教育や多彩な専門プログラム、類まれなネットワーク作りの機会や手段など、アメリカのMBAプログラムは、学生が経済界をリードする立場に立てると、世界的に知られています。

    もっと読む

  • Article Image アメリカでエンジニアリングを学ぶ理由

    アメリカでエンジニアリングを学ぶ理由

    「どのように?」という言葉には、さまざまな文章を当てはめることができます。椅子はどのようにして人を支るのか? 携帯電話やインターネットで世界中の人と話せる仕組みはどのようになっているのか? コップの中の水はどのようにしてきれいになったか? これらの質問一つ一つに対する答えはそれぞれ異なったものですが、すべての質問に共通するシンプルな説明が一つあります。それが工学です。

    もっと読む